戦国時代の名称である加藤清正の生涯にスポットを当ててみました。

戦国時代の名称である加藤清正の生涯にスポットを当ててみました。

睡眠と戦国武将について学ぼう【パワーニッポンプロジェクト】

↑ページの先頭へ
枠上

加藤清正の虎退治は本当なのか?

加藤清正は熊本城の城主として有名です。昨年起こった熊本地震でも崩れた熊本城が話題になりましたが、再々、加藤清正の名前がでてきたことは記憶に新しいことだと言えます。そんな加藤清正は豊臣秀吉の家臣です。賤ヶ岳の戦いでは賤ヶ岳の七本槍の一人として名を馳せたた事もよく知られています。加藤清正には虎退治の話が有名な逸話として残っています。虎退治に関しては絵にされていることも多いのですが、多くの場合は槍もしくは刀で虎に対峙している物が多いようです。



加藤清正による虎退治は本当に行われたのでしょうか。虎退治が行われたのは秀吉が存命中の朝鮮出兵の際だと言われています。清正がいる陣に虎が出てきたので退治をしたと言われているのです。調べていくとこの話は本当のようです。ただ、槍や刀だけで虎退治を行ったというのは怪しいと思ったほうが良さそうです。

実際は鉄砲を使って退治したと考えるほうが正しいといえるようです。虎の俊敏な動きを考えると当然だといえます。槍や刀だけでは到底、太刀打ちすることは難しいと思われるからです。後世になって話が盛られたと思った方が良いようです。
枠下 枠上

加藤清正は関ケ原ではどのように戦ったのか?

天下分け目の関ヶ原の戦いは徳川家康と石田三成の戦いで東軍と西軍に分かれて空前の規模の戦だったといえます。東軍の徳川家康側が勝つのですが、実際はどちらが勝ってもおかしくなかったとも言われています。関が原の合戦には豊臣恩顧の大名が数多く参戦しており家康側につている武将でも何がきっかっけで西軍に寝返るかわからなかったという部分もあるのです。そんな中、豊臣恩顧の大名である加藤清正は関ヶ原の戦いには参戦していません。関ヶ原で戦いはおこなっていなかったのです。



加藤清正は九州にいて関ヶ原にて戦いが行われている間、九州の平定に尽力をするように徳川家康から指示を受けていたと言われています。それは九州には西軍の石田三成に味方する武将が多かったからだと言われています。そのため、加藤清正は九州から動くことなく九州にて石田三成方の武将と戦っていたのです。一説には徳川家康が加藤清正を関が原に呼んでしまうと秀頼の見方をして寝返るのではないかと疑っていたたために関が原には呼ばなかったという説もあります。本当のところももちろん謎ですが、実際に加藤清正は戦いの動向を見極めようとしていた節があります。
枠下 枠上

加藤清正の死因は?

加藤清正は関ヶ原の戦い後、豊臣家と徳川家の対立が表面化しつつある時代に亡くなりました。その死因には昔から諸説あります。病によるものという説や暗殺とする説など色々とあるのです。もちろん、本当のところは全くわかりません。史実としては病死となっていますが、本当のところは謎のままなのです。それは加藤清正がなくなったタイミングによるものと言われています。豊臣秀吉の子供である秀頼と徳川家康が二条城で会談をした際に同席した加藤清正は、会談後に熊本に帰途する際に亡くなっているのです。



そのことが徳川家康による毒殺説、服部半蔵による暗殺説などの推論を起こさせているのです。病という線も捨てきれません。一説には梅毒で亡くなったという話やハンセン病だったという説まで残っています。気になるのは秀頼と家康の会談に同席した豊臣恩顧の浅野幸長や池田輝政なども同タイミングで亡くなっていることから余計に色々な憶測を呼んでいるのです。加藤清正の死因はどうやっても特定することは今からできることもありません。色々と諸説出てくるのが歴史の面白いところだと言えるのです。
枠下 枠上

加藤清正の名言は?

名だたる武将には数々の名言が残っているものです。聞けばなるほどと思うものもあるし、名言を発した人の人となりがよく見てえくるというものです。戦国武将の中でも賤ヶ岳の七本槍などで有名な加藤清正は無骨なイメージがあります。それでいて築城の名手とも言われます。そんな加藤清正の名言の中で代表的なものを挙げてみましょう。

「人は一代、名は末代。天晴武士の心かな。」「表と裏、両面のこころがけ、どれもおろそかにしてはならじ。」「よその若者を誉めることは、うちの若者をけなすことだ。」「およそ下の者は上の者を学ぶ。大将がくつろげば、下は大いに怠けるものなので、いつも陣法を厳しくすることだ。」「上一人の気持ちは、下万人に通ずる。」「普段の友達づきあいは一人くらいにしておくといいだろう。

ただし、武芸を催す場合には、多人数集まってやるがよい。」「汝らは、等しく我股肱腹心なり 使うところはその器に従う。」「よその若者を誉めることは、うちの若者をけなすことだ。」いずれも加藤清正らしい名言だといえます。名言の陰に隠れているのはその人の半生ということも言えそうです。
枠下
枠下
枠上

コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2017 睡眠と戦国武将について学ぼう【パワーニッポンプロジェクト】 All rights reserved.