織田家による武田家討伐である甲州征伐についてです。

織田家による武田家討伐である甲州征伐についてです。

睡眠と戦国武将について学ぼう【パワーニッポンプロジェクト】

↑ページの先頭へ
枠上

甲州征伐とは

甲州征伐は長い日本の歴史における戦いの一つです。1582年に織田信長、そしてその同盟者である徳川家康と北条氏政が長篠の戦い以降に勢力が衰えることとなる武田勝頼の領地であった駿河、信濃、上野、甲斐へと侵攻を行いそして甲斐武田氏一族を攻め滅ぼすこととなった一連の合戦が甲州征伐になります。

この甲州征伐は甲州征伐という言葉以外にも武田征伐とも呼ばれているのです。この甲州征伐という合戦についてですが、戦いの序章としては甲斐武田氏が武田信玄後期において徳川領であった遠江、三河に対しての本格的侵攻となる西上作戦を実行します。それによりそれまで同盟関係にあった織田信長が敵対関係と入ります。この西上作戦ですが、武田信玄の急死により撤収されます。甲州征伐についてですが流れとしては、武田軍団が崩壊して、そして高遠城への攻撃が行われます。そして勝頼が撤退することになり天目山の戦いが行われます。そして武田宗家の終焉となり論功行賞と武田残党の追討が行われることとなりました。甲斐、信濃の国掟も出されることとなりました。
枠下 枠上

高遠城の戦いとは

歴史上において高遠城の戦いと呼ばれる戦いがあります。この高遠城の戦いは明智光秀の軍勢も加わった織田勢が高遠城に対しての総攻撃を開始した際の戦いのことを指します。仁科盛信は高遠城に籠城することとなります。織田勢と非常に激しい戦闘を行うこととなったのです。

仁科盛信は小山田昌生、小山田大学助、飯島民部少輔らと共にたった3000の兵で30000もの兵であった織田勢と戦っていくのです。織田勢の織田信家を討ち取るなどといった奮戦を行いました。ですが城門を突破されて仁科盛信と小山田昌生が自刀します。それによって高遠城は陥落することとなってしまいました。

仁科盛信はすでに新府城に対して撤退していた武田勝頼からの援軍を得ることができないと理解しながらも籠城していたのです。仁科盛信ですが享年26歳でした。また500人余りの将兵も自決することとなります。織田信長は仁科盛信の首実験を行い長良川の河原にさらしました。ですが首のない遺体は仁科盛信を慕っていた農民たちが火葬を行い、そして村の西の山に埋葬することとなりました。
枠下 枠上

仁科盛信とは

戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍していた武将が仁科盛信です。仁科盛信は有名な甲斐国の戦国武将である武田信玄の息子にあたります。五男です。武田信玄の死後、当主となったのは仁科盛信の異母兄弟にあたる勝頼ですが、その勝頼に仕えることとなります。そして甲越同盟が締結されたあとも国境警備を務めることとなります。天正9年、対織田、徳川の軍事編成において、本来の居城の信濃国森城を始めとして高遠城の城主を兼任していました。

仁科盛信は信濃佐久郡内山城代である小山田昌生、大学助兄弟と高遠城に籠城することとなります。それから、天正10年には織田信長の命令による甲州征伐が始まることとなります。そして高遠城は織田信忠が率いる大軍に包囲されてしまいます。仁科盛信は勧告を拒否して奮闘したのちに自刀しました。仁科盛信は享年26でした。高遠城は陥落することとなります。一方織田軍においても300人の死者が出た戦いとなりました。仁科盛信を敬慕していた領民により胴体は非常に手厚く葬られることとなります。墓所には現在でも献花がされています。
枠下 枠上

武田家はなぜ滅亡したのか?

武田家は戦国時代において武将として活躍してきましたが、最終的には武田家は滅亡することとなってしまいます。では一体なぜ非常に活躍をした武田家が滅亡することとなってしまったのでしょうか。武田家を最終的に滅亡させたのは織田家です。織田信長の存在が大きく、織田信長が武田家を滅亡させることとなります。天正10年、織田氏による征伐を受けてその当時の党首であった武田勝頼が自刀しました。それにより滅ぶことになりました。

結果的にはこういった結果となっていますが、それまでの経緯によって武田家が滅んでしまうこととなった原因があったと考えられます。武田家が滅ぶこととなってしまった原因は様々なことが考えられています。当主であった武田勝頼のせいで武田家は滅亡してしまったのだと考える方も多くいらっしゃるようです。確かに武田勝頼の行動などが武田家を滅亡の道へと進ませていっていたのかもしれません。またその当時における時代も関係していたのかもしれませんね。それから長篠の戦が大きく影響していたという風に考える考え方もあります。
枠下
枠下
枠上

コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2017 睡眠と戦国武将について学ぼう【パワーニッポンプロジェクト】 All rights reserved.