長宗我部盛親の生涯とそれを小説にした戦雲の夢という小説を紹介します。

長宗我部盛親の生涯とそれを小説にした戦雲の夢という小説を紹介します。

睡眠について学ぼう【パワーニッポンプロジェクト】

↑ページの先頭へ
枠上

長宗我部盛親と「戦雲の夢」

長宗我部盛親は、2016年の大河ドラマである真田丸にも登場しました。

そこで、大阪城に入城した真田幸村と相部屋となり独特の人物に描かれていました。ひげ面の男が「ワシはこう見えて小心者」とも言っています。

さらに、大阪夏の陣では出陣をしましたが、敵に敗れて囲まれてしまうと、逃亡してしまいます。部下が付いて行こうとすると「ついて来るな」と突き放しています。

これらの事から真田丸の最終決戦では長宗我部盛親は登場しませんでした。こういう人物だと人望が無さそうとか、小者とかそういうイメージがあるかも知れません。
今日は、実際の長宗我部盛親がどのような人物だったのか見えてみたいと思います。ちなみに、私は司馬遼太郎さんの歴史小説である戦雲の夢はちゃんと読んでいます。
枠下 枠上

四国の覇者・長宗我部元親の四男として生まれる

長宗我部盛親の父親は長宗我部元親です。姫若子と呼ばれていましたが、当主となると土佐を統一しさらには、四国全土を統一しました。

さらに、明智光秀とも親しく本能寺の変の黒幕を長宗我部元親はだという専門家もいます。文武両道の名将です。その長宗我部元親の四男として生まれたのが長宗我部盛親となります。

長宗我部元親には、長宗我部信親という長男がいました。

この長男を元親は溺愛していて将来にも期待していたようです。豊臣家に敗れて降伏した後に、長宗我部家は秀吉から九州攻めを命令されます。この時に、元親、信親親子は出陣するわけですが、豊臣家の軍監である仙石秀久に無謀な突撃を命令された結果として、長宗我部信親は戦死してしまうわけです。

それにより長宗我部元親は頭がおかしくなってしまったとも言われています。その後、長宗我部家では家督を誰にするかの相続問題に発展するわけです。

豊臣家の方からは他家に養子に行っていた長宗我部元親の次男である香川親和を君主にするように勧めたとされています。

しかし、それを長宗我部元親は長宗我部盛親を半ば強引に跡継ぎにしてしまいました。

これにより長宗我部盛親は土佐の大名になったわけです。ちなみに、失意のためか香川親和は翌年亡くなっています。しかし、亡くなるタイミングが世継ぎ問題の時期でもあり断食して食べなくなった説や暗殺説など様々な説があります。さらに、長宗我部家の内紛を恐れてか長宗我部元親は3男である津野親忠を幽閉しています。これには久武親直の讒言があったともされています。長宗我部元親は、津野親忠を幽閉したあたりから体調を崩す様になり1599年に亡くなっています。

関ケ原の一年前に亡くなったと言う事です。そして、関ケ原の戦いが勃発するわけですが、出陣の前に久武親直の讒言があったせいか、長宗我部盛親は兄である津野親忠を殺害しているのです。これが後に大問題となります。

尚、余談ではありますが、長宗我部家が改易された後に久武親直は加藤清正に仕えたそうです。加藤清正みたいな豪胆な人が久武親直を家臣にすると言うのは滑稽にも感じますよね。
枠下 枠上

関ケ原の戦いに出陣する

長宗我部盛親は初陣がいきなり関ケ原と言う事になりました。

いきなり大軍同士のぶつかり合いです。当初は徳川家康率いる東軍に味方する予定だったのですが、色々な経緯もあり結局は、石田三成率いる西軍に味方する事になりました。

しかし、西軍と言うのは数の上では徳川方と互角の展開なのですが、徳川方に内通している武将も数多くいました。長宗我部盛親は戦略上で重要な拠点である南宮山に配置しました。徳川家康の背後を狙える場所でもあります。

しかし、長宗我部盛親の場合は吉川広家が徳川家康に内通していて、前にふさがっていました。そのため、結局、関ケ原の戦いでは一歩も動けずに西軍が敗退します。


関ケ原の件について、長宗我部盛親は懇意のあった井伊直政を通じて謝罪しようとしたようです。しかし、久武親直の讒言により兄である津野親忠を殺害した事で家康の怒りを買い結局は領地没収され改易されました。

この時を持って大名家であった長曾我部家は滅亡します。
枠下 枠上

寺小屋の師匠となる

長宗我部盛親は、関ケ原の戦い後は、京都に行く事になり町人に預けられたとも、寺小屋の師匠となり色々な事を教えて生計を立てたとも言われています。


しかし、豊臣方と徳川方が戦争になりそうな雰囲気となり大阪城で浪人が多数抱えられるようになると、大阪城の方から長宗我部盛親の元にもお誘いが来ます。長宗我部盛親は大坂城に入城することを決断するわけですが、大阪城に入場する時に、ちょっとした見せ場が長宗我部盛親に訪れます。

長宗我部盛親は徳川方の板倉勝重に監視されているような身だったのですが、そこから奇策を持って抜け出します。そして、大阪城に向かうわけですが、最初は徒歩で向かったようです。

しかし、土佐の旧臣が続々と盛親のところに集まってきて、いつしか長宗我部盛親は馬上の人になりました。

さらに、錆びた鉄砲を持つものや刀を持つもの槍を持つ者どんどん集まってきて書物によっては大阪城に入城する頃には「3000人」もの部隊になっていたとも言われています。

土佐を統一した時に活躍した一領具足の精強な浪人たちも終結したのではないでしょうか?しかし、司馬遼太郎さんの「戦雲の夢」という小説では300人と言う事になっていたと思いました。

司馬遼太郎さんの3000人は誇大表現だと考えたからだと思います。しかし、大阪城に集結した浪人の中で元大名だったのは長宗我部盛親くらいであり、注目度はかなり高かったのでしょう。
枠下 枠上

長宗我部盛親と大阪の陣

大坂城に入城してからですが、浪人の中では土佐の太守だった事もなり長宗我部盛親の部隊で活躍したいと願ったと言う話もあります。

さらに、戦雲も夢の話しだと真田幸村とも交流があったようです。大坂城では、真田幸村、後藤又兵衛、毛利勝永、明石全登と共に大坂城5人衆として名が挙がっていたそうです。

大坂冬の陣ですが、真田幸村が守る真田丸を補佐する形で活躍したようです。敵に対して自ら槍を取って活躍したともあります。しかし、大坂夏の陣は大砲がたまたま大坂城に当たった事で和議と言う事になりました。

この時に、長宗我部盛親も反対だったのでしょう。大阪夏の陣になると、堀が埋められてしまった事もあり野戦で決戦を挑む事になりました。大坂冬の陣の時は、ほとんど戦闘が無かった事もあり長宗我部盛親に取ってみれば初の本格的な戦だったのではないでしょうか?

この時は、木村重成と共に八尾、若江方面で主力部隊5000を率いて戦います。この時に、長宗我部盛親の戦う武将は藤堂高虎です。戦国時代を通して数多くの戦いに参加した戦上手でもありますし、非常に有能な武将でもあります。この時に、長宗我部盛親は藤堂高虎の部隊に対して奇襲をかけて徹底的に破りました。混乱状態に陥った藤堂高虎の部隊を追撃して多くの戦果を挙げました。


大坂夏の陣において豊臣方で勝利を収めたのは長宗我部盛親だけとする書物もあります。大勝利を収めた事で士気がかなり上がっていて、長宗我部盛親の気持ちとしては「次は家康の首をとるぞ!!」だと思ったはずですが、それから間もなくして木村重成が戦死して木村隊が潰走した事を知ったそうです。


つまり、「戦いに勝って勝負に負ける」と言う状態になってしまいました。NHK大河ドラマである真田丸だと長宗我部盛親は味方が不利となり壊滅する事が分かると逃走した事になっていましたが、実際の長宗我部盛親は自分は大勝したのに、味方が壊滅してしまいさぞ悔しかったのではないでしょうか?その後、大坂城落城の時には長宗我部盛親は既に逃走していなかったようです。

生きている限り再起を目指したのかも知れません。

史実だと逃走したけど、蜂須賀至鎮の家来に隠れている場所を発見されてしまい京都の六条河原で斬られた事になっています。
枠下 枠上

戦雲の夢

長宗我部盛親を主人公にした戦雲の夢という司馬遼太郎さんの書いた歴史小説がありますが、藤堂高虎の部隊を打ち破ったところが非常によく描かれています。

長宗我部盛親が自分に問いかけるシーンなどは泣けました。全部を読めとは言いませんが、古本屋などでもし見かけたとしたら、戦雲の夢の最後のシーンを読んでみてください。ちなみに、戦雲の夢の最後の言葉では長宗我部盛親の生存説まで書かれています。

生存していてくれたら嬉しいなと感じるような書き方でした。ちなみに、その後、土佐では長宗我部家の後に入った山内一豊の部下と旧長宗我部家の家来で揉める事も多かったとされています。
幕末の英雄である坂本龍馬は下級武士ではありましたが、どちらかと言えば、長宗我部家に近い家来の家柄です。

長宗我部盛親の不屈の精神は坂本龍馬に引き継がれたのかも知れません。
枠下
枠下
枠上

コンテンツ

枠下
Copyright (c) 2016 睡眠について学ぼう【パワーニッポンプロジェクト】 All rights reserved.